【料理リレー担当】グリル野菜に添えるmisoソース

更新:2020/04/16

93702244_2727834064005330_9061098616109662208_o.jpg

グリル野菜に添えるmisoソース

研究家の脇雅代先生が発起人となり始まった料理リレーをシェフの水谷江希が担当させて頂きました。

以下先生からのメッセージの抜粋です。

世界中が危機感であふれている毎日です。
(中略)おうちで過ごす時間が長くなりました。
こんな時に皆さんと料理でつながることができたらと思い「料理リレー」を試みたいと思います。
いつもお家にある材料で簡単に作れる一品を紹介します。わざわざ買い物に出なくても済む、料理作りのヒントになれば幸いです。
料理を生業とする私達から、ご覧いただいた皆さんがハッピーになることを願って。

なんとも素敵で粋な計らいです。

光栄にもMacrobiotic Food Studio「Tsukinoki」を主催され、プライベートシェフの経験が豊富な大槻紘子シェフからバトンをまわして頂きました。

私からご紹介するのはファーマーズレストラン The KOKONOE のコース料理の前菜でお出ししているグリル野菜に添えるmisoソースです。

misoソースは焼肉のタレのように、お野菜・お肉・お魚などに使える万能調味料です。

今回はこんにゃく、お豆腐、お野菜など、冷蔵庫にあったものをフライパンでソテーしました。

misoソースをかければ、ご飯が進む一品の出来上がりです。

<misoソース材料> 2-3人分
味噌     20g
醤油     12g
みりん     18g
甜菜糖(または砂糖)   4g
おろしにんにく      1g (1/2かけ)
すりごま     2g
粉山椒(または黒コショウ) 0.2g

*お好みで、大さじ1程度の煮切り酒・ワインや出汁などで、少々のばしてください。

<作り方>
1. misoソースの材料を全て混ぜておく。
2. 豆腐、こんにゃく、お肉、お魚、野菜等を焼きます。
3. misoソースをかけて出来上がり!

当方からのバトンは

デンマークに魅せられ、ヒュッゲ(幸せ)の会を主催するHygge Evangelistの Rena Sofueさんへ。

スモーブロー用のライ麦パンを自家製で作られています。よろしくお願いいします。

最後に脇雅代先生、運営の加藤様、バトンを送って下さった大槻紘子シェフ、バトンを受け取って下さったRena Sofueさん、お読みくださった皆様に御礼申し上げます。

食卓を囲む時間が、いつも心豊かで安らぎの幸せな時間でありますように。