KOKONOE Seasonal Recipe

自家製梅干し (赤しそ編)
自家製梅干し (下漬け編)
あんずのシロップ煮

New Recipe

自家製梅干し (赤しそ編)

自家製梅干し (赤しそ編)

Homemade Japanese plum pickles (Umeboshi) preparation for adding salted red perilla(Aka-shiso)

赤い梅干しを作りたい場合、2-3週間ほど塩漬けした完熟梅に塩もみした赤しそを加えます。
長期保存を叶えるため、赤しその持つ抗菌作用を梅干しに加えたと言われています。
必ず赤しそを加える必要はなく、白梅干しも美味しいものです。加えるか加えないかは、お好みでどうぞ。

If you want to make red umeboshi, add salted red perilla to the salt pickles ripe plums that have been pickled for 2-3 weeks.
In order to achieve long-term food preservations, it is said that red pepper has its antibacterial action added to umeboshi.
You don't have to add red perilla, and just plane umeboshi are delicious too. Add red perilla as you desired.

自家製梅干し (下漬け編)

自家製梅干し (下漬け編)

Homemade Japanese plum pickles (Umeboshi) salt pickling preparation

梅干しを作るために、まずは完熟梅を塩漬けにします。
梅干しの基本は、塩漬け・赤しそを入れる・干すの3ステップを踏みます。
その第一段階をご紹介します。

To make homemade umeboshi, first salt the ripe Japanese plum.
The basic procedure for umeboshi is three steps: saltpickling, adding red perilla and drying.
This is the first step of making umeboshi.

あんずのシロップ煮

あんずのシロップ煮

Apricot boiled in syrup

今の短い間だけ食べられる生あんず。生のまま食べるのも美味しいですが、火を通すとあんずの香りが立ちます。大好きな香りです。

Raw apricot that can be eaten only for a short period of time. It's delicious to eat raw, but the apricot scent stands up when cooked. I love this aroma very much.

Category

Profile

プロフィール

THE KOKONOE

⾃家菜園や地域で収穫された地の物・旬の野菜でメインに使ったリアルフードのレシピを掲載しています。味噌などの発酵⾷や塩麹などの発酵調味料、保存⾷と⾔った先⼈の知恵として残る⽇本の伝統⾷から、海外のザワークラウトやコンブチャといった発酵⾷を⾃家製し、温故知新の精神で未来へ⾷べ繋いでいきたい⾷をクリエイトします。 料理は⾷材が肝要です。野菜が育つ⼟壌を真剣に考えています。⼟壌は⽣命現象の宝庫であり、遺伝的な多様性から⽣物層と代謝産物につながる分⼦レベルのプロセスは驚きと感動の連続です。⾁眼では⾒えないミクロな領域まで意識して⼟づくりを⾏っています。⼿間暇を惜しまず育てられる有機野菜・エディブルフラワー・ハーブの味の濃さと⾵合いの豊かさが⾃慢です。