KOKONOE Seasonal Recipe

ぼたんこしょうの醤油麹漬け
アケビの味噌炒め
キャロットケーキ

New Recipe

ぼたんこしょうの醤油麹漬け

ぼたんこしょうの醤油麹漬け

Botan kosho pickled in shoyu koji

7月から10月末くらいまで流通する信州の伝統野菜、ぼたんこしょうを使って醤油麹漬けを作ります。
柔らかな辛味のあるぼたんこしょうを使った醤油麹は、万能調味料として使えます。
お手軽な手作り調味料です。

I make shoyu koji adding botan koshou, a traditional vegetable of Nagano(shinshu area) that is harvest from July to the end of October.
Botan kosho looks like a green bell pepper, but it is a kind of chili pepper with mild spiciness.
Botan means peony. Kosho is a Nagano dialect for chili pepper. The wrinkles on the surface look like peony petals, so it is called botan(peony) kosho (chili pepper).
Mixing koji (rice malt), shoyu (soy sauce) and this traditional vegetable to make gentle spiciness with lots of UMAMI can be used as a versatile seasoning.

アケビの味噌炒め

アケビの味噌炒め

Stir-fried Akebi(Akebia quinata, chocolate vine) with miso

裏の雑木林で見つけたアケビを使って、おかずになる一品を。
使うのは、甘いワタの部分ではなく、皮の部分。
アケビの味噌炒めは、もともと秋田県の郷土料理ですが、家にあるものでアレンジしてみました。
ほろ苦い風味はゴーヤのよう。食感は茄子。不思議な食材ですが、この時期にしか味わえない一皿になりました。

I found wild grown Akebi in the bush. Akebi is usually eat its fruits and discard outer shell. In this recipe, I use outer shell as main ingredient.
Stir-fried Akebi with miso is originally a local dish of Akita prefecture, but I arranged it with what I have at home.
The bitter flavor is like bitter gourd. The texture is like eggplant. It's a mysterious ingredient, but it's a dish that can only be tasted at this time in the season.

キャロットケーキ

キャロットケーキ

Vegan Carrot Cake

春に種まきしたニンジンが大きくなってきました。
畑のとれたてニンジンを使って、キャロットケーキを作ります。
寒くなってくるこの時期、シナモンやカルダモンなど、体を温めるスパイスが薫るケーキです。

The carrots sown in spring are ready to harvest!
I like to make a carrot cake using freshly picked carrots from our farm.
A cake with warming spices such as cinnamon and cardamom are best when weather gets cold.
Also, frosting is vegan too! I will make recipe open to public soon.

Category

Profile

プロフィール

THE KOKONOE

⾃家菜園や地域で収穫された地の物・旬の野菜でメインに使ったリアルフードのレシピを掲載しています。味噌などの発酵⾷や塩麹などの発酵調味料、保存⾷と⾔った先⼈の知恵として残る⽇本の伝統⾷から、海外のザワークラウトやコンブチャといった発酵⾷を⾃家製し、温故知新の精神で未来へ⾷べ繋いでいきたい⾷をクリエイトします。 料理は⾷材が肝要です。野菜が育つ⼟壌を真剣に考えています。⼟壌は⽣命現象の宝庫であり、遺伝的な多様性から⽣物層と代謝産物につながる分⼦レベルのプロセスは驚きと感動の連続です。⾁眼では⾒えないミクロな領域まで意識して⼟づくりを⾏っています。⼿間暇を惜しまず育てられる有機野菜・エディブルフラワー・ハーブの味の濃さと⾵合いの豊かさが⾃慢です。